光乗り換えキャンペーン

インターネット契約家庭がどんどん増えて、インターネットを契約していない家庭を探すほうが大変なくらいな時代になっています。そのため、他社プロバイダー客を乗り換えで獲得しようと乗り換えキャンペーンが張られています。

昭和の時代には家には電話があるのが当たり前でした。携帯電話の普及もあり、家の固定電話を持たない家庭が増えてきたのです。光回線インターネットの普及も進み、ますます固定電話の必要性が低くなっています。ユーザー側としてはどんどん争奪戦を繰り広げていただき、どんどんキャンペーンで割引が進んで欲しいと思います。

光回線はそのままで、プロバイダーのみ乗り換えをするケースなら、回線工事の必要がありません。キャンペーンとしても初期工事費割引を使えませんから、月額利用料の割引や無料でお客を誘い込んでいます。インターネット回線契約は家電などと違って交換時期などが特にこないのです。

インターネット回線の場合には古くなって使えなくなった、ということがありませんので、特別な理由でもない限り乗り換えようということにならないのです。値引きキャンペーンが激化する理由もそうしたところにあるのです。光回線に乗り換えをすると、利用できるインターネットサービスの幅が広がります。