プロバイダは本当に多くあり選び方も人によって違うでしょう

プロバイダは非常に多くあり、選び方も千差万別です。
でも、特典として現金還元があったり、数か月タダになったり、月々の利用料が安いプロバイダにすぐ決定するのはやめた方が良いでしょう。
インターネットを使用する目的にもよりますが、通信の速度やパフォーマンスの安定性などを重視するべきでしょう。
ここのところ、光回線業者がお年寄りの自宅を訪問し、勧誘を強引に行ったり、判断力の低下しているお年寄りを言いくるめ契約させるなど、光回線に関連した契約トラブルが増えてきております。
この事態を受けて、総務省では契約から8日以内であれば解約が行える光回線契約に関して2015年にもクーリングオフ制度導入の方針を明白にしました。
引っ越しをきっかけに今までと違うプロバイダにしました。
変えた後も、それまでのプロバイダとほとんど違いを感じないので、変更して良かったな、と思います。
プロバイダなどは2年ごとの契約更新をする際に考え直すといいのではないでしょうか。
この頃はたくさんのインターネット回線の業者がございますが、昔から存在する大手NTTのフレッツは名の知れた企業と言えます。
インターネットのみではなく、ご家庭の電話や有料テレビ等、魅力のあるサービスを提供しており、苦しい戦いをしていると言われながらも、多数の加入者がいます。